債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

司法書士に質問する自己破産とブラックリスト

よくブラックリストについて言われる事もありますが、自己破産をするとブラックリストに掲載されます。知りたい人は専門に扱っている司法書士に質問すると教えてもらえる事もあるでしょう。

自己破産を行う時には多くの人が司法書士などの専門家を頼っていますので、その際についでに聞きたい事があれば、聞いておくといいと思います。

ブラックリストに掲載されている期間は再度借金ができなくなるだけではありません。高額な商品を購入する際のローンや、クレジットカードすら利用できなくなってしまう事もあります。長い場合でも、破産を終えた後10年ほどすると削除されるそうですので、その後には以前の様に利用できる事もあります。

自己破産による債務整理に適した条件がある

借金を軽減する債務整理の中でも、自己破産はメリット・デメリット共に最も影響の大きい手続きです。それゆえ手続きに躊躇する方も多いのですが、デメリットの影響をほとんど受けない、自己破産に適した状況の方も案外いらっしゃいます。

デメリットの影響が小さいのは、家族がなく、財産もほとんど保有しておらず、定職に就いてはいるものの収入が少ない方です。借金に保証人が設定されていなければ更に影響が小さいでしょう。

このような方に必要なのは、以後は借金をせずに堅実に生きていく決意だけです。法律の専門家に依頼すれば手続きを進めてくれますので、まずは無料で相談してみると良いでしょう。

射幸行為による借金で自己破産の債務整理ができる理由

債務整理にて自己破産の手続きを行なっても、裁判所の認可が下りないケースがあります。理由の1つとして、ギャンブルや過度の浪費など、いわゆる射幸行為による借金は認められない、というものがあります。

しかし射幸行為による借金で自己破産しているケースも多々存在します。この理由は、裁判所が裁量免責の権限を用いれば、射幸行為による借金でも認可される可能性があるのです。

簡単に言うと、債務者が十分反省していると認められれば例外的に認可が下りる、ということです。腕の良い法律の専門家に依頼すれば、このような例外を認めてもらえる可能性があります。

自己破産による債務整理では人間関係に注意

自己破産による債務整理は、手続き中も大変な苦労をしますが、手続きを終えて破産成立した後にも様々な苦労が待っています。特に苦労するのが人間関係でしょう。債務者に家族がいる場合、法的知識の無さから情緒不安定になる家族も出てきますので、きちんと説明しましょう。

借金に保証人が設定されていた場合、破産成立後の債務は保証人に請求される事となりますので、事前に相談しておかないと大変な事になります。勤務先に関しては、自己破産の事実を知られる可能性はほとんどありません。万が一知られたとしても、破産を理由に解雇されるような事はないので安心してください。

大阪で自己破産するならここ。

2度目の債務整理で自己破産の選択はいいのか

何度も債務整理をしている場合、最終的にたどり着くのが自己破産とされていますが、2回目でもう行ってしまうのは少し早いとされています。なるべく早くならないように、もっと他の方法がないかチェックしてください。

場合によっては、方法を変えてみると成功する場合もあります。任意整理を実行しているなら、個人再生を考えればいいですし、個人再生の場合は計画を練り直す方法もあります。

しかしどのような手段を使っても、借金の減額が困難と判断される場合は、自己破産を検討してください。借金から開放されるため、ある程度の方法を使わないと駄目だと判断されるなら、最終的には一番大きな方法に変えていくのが一番です。

自己破産について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。