債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

自己破産や任意整理、司法書士に頼めないケースとは

自己破産や任意整理を行うのは自分一人でも可能ですが、資料を集めたり作成するなど多くの時間がかかってしまい、仕事をしている人には難しいことがあります。そんな時に依頼するのが司法書士や弁護士です。

どちらも借金問題が解決するまでサポートしてくれるものですが、司法書士には依頼を受ける時に制限があります。それは法律によって1社あたりの利益が140万円以下でなくてはなりません。この利益というのは「借金が140万円以上減額になった」という判断がなされています。あまりにも高額の借金の場合には、弁護士しか対応できないのです。

債務整理の自己破産には2種類の手続き方法がある

借金問題を解決する債務整理において、借金を帳消しにできる最後の手段が自己破産です。自己破産の手続きには、債務者の状況に応じた2種類の方法があります。債務者に差し押さえられるような高額財産が無い場合は、同時廃止という手続きが取られます。

この手続きは完了まで4ヶ月程度かかります。債務者に高級な財産が有る場合、または免責不許可事由がある場合は、少額管財という手続きが取られます。この手続きでは破産管財人という調査員が取り調べを行うため、手続き完了までに6ヶ月程度かかります。少額管財では、債務者は様々な面接や審議に出席しなければならず、手続き完了までに相当な労力を費やす事となります。

債務整理における個人再生と自己破産の違い

借金の負担を軽減できる法的手続きが債務整理です。中でも個人再生と自己破産は大幅に借金を減額することが可能です。どのような違いがこれらの手続きにあるのでしょうか。最大で借金を5分の1まで減額することが個人再生ではでき、さらに無理のない返済計画を約3年間の間立てることも可能です。

債権者から反対意見の出ることがほとんどないのも大きな特徴です。自己破産では、財産を放棄するなど様々なリスクと引き換えに、借金を帳消しにすることが可能です。借金の額によっては債権者から反対意見が出ますし、裁判所の認可が下りないケースもあります。いずれの債務整理でも法律の専門家に依頼すれば、手続きの成功率は大幅にアップします。

自己破産の債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか

借金問題を相談できる専門家には、弁護士と司法書士があります。自己破産の債務整理を行う場合、どちらの専門家に相談すれば良いのでしょうか?弁護士は手続きのための書類作成から、裁判所への出廷まで、債務者の代理人としてほとんどの手続きを行うことが可能です。

司法書士の場合は、書類作成は代行してくれますが、裁判所への出廷は行えません。司法書士が代理人を務められるのは簡易裁判所だけなので、自己破産の申し立てが行われる地方裁判所には出廷できないのです。その代わり必要経費は比較的安価となりますので、審議を自力で乗り切れる可能性の高い、少額債務の同時廃止手続きであれば、司法書士に依頼する利点もあります。

債務整理を実施する人が自己破産を選択する可能性

多くの人が、あまり自己破産を考えたくないと思っていますが、実施しないとどうにもならないケースがあります。何とかして債務整理を行って、返済を楽にしたいと思っているなら、自己破産という選択も検討したいのです。

返済をしなくてもいい状況になるため、生活を楽にできる可能性は高くなり、家族を守るためにはやむを得ない選択です。しかし住宅など、これまで抱えていたものが全て失われてしまい、生活に必要なものしか用意されません。これから考えている方も、債務整理では選択する可能性は低いものの、あり得ることと考えてください。

自己破産について

弁護士、司法書士による債務整理、過払い請求、自己破産の内容に正しくない箇所があるかもしれません。

債務整理、過払い請求、自己破産はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数あります。